本文へスキップ

東京都防衛協会は、防衛意識の普及高揚を図るとともに、自衛隊を激励支援してその充実発展を助長し、わが国の平和と繁栄に寄与することを目的とした民間の組織です。

TEL. 03-6280-8427

〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(日野)日野市防衛協会の紹介

沿 革 主要役員 活動紹介

沿 革
区  分 設立時期 名     称 備    考
地区支部 昭和44年5月5日 日野市防衛協会
女性部会 昭和63年10月 日野市防衛協会女性部
青年部会 昭和63年10月 日野市防衛協会青年部

主要役員
区  分 氏  名 備     考
会  長 土 方 尚 功 東京都防衛協会理事
副 会 長 菊 池  正
事務局長 若山 貢司郎 東京都防衛協会理事
女性部会長 佐 藤 昌 子
青年部会長 小 林   徹

活動紹介
会報5号特集 創立50周年記念行事

                                  東京防衛協会会報5号(29.7.1)掲載
                    創立50周年を祝う
 日野市防衛協会(土方尚功会長」)は、5月27日、高畑不動尊・信徒会館において、大坪日野市長、古賀都議会議員、小田原・高木・ 長島各衆議院議員、日野市防衛議員連盟各議 員及び自衛隊・協力団 体から多くのご来賓のご出席を得て、創立50周年記念定期総会を盛大に開催しました。
 記念講演、定期総会及び懇親会の三部から 構成され、第一部の記念講演会においては、 佐藤正久参議院議員を講師としてお迎えし、「守るべき人がいる」と題する講演をいただ きました。
 第二部の定期総会に続いて第三部の懇親会が行われ、出席者は 50 年の歩みを振り返りつ つ今後の活動について思いを新たにしました。
 当協会は、日野市に おいて自衛隊への理解 が進まない時代から今 日まで「国防の中核を なす自衛隊の重要性を 市民に訴え理解と協力を得る」べく努力して きましたが、引き続き日野市長はじめ市議団 17名の防衛議員連盟のご協力を得ながら、創立50周年を契機として新たな思いで活動していきたいと思います。    前事務局長 小峰敏夫

会報創刊号特集 活動最前線!

                               東京都防衛協会会報創刊号(28.7.1)掲載

 この度 、日野市防衛協会会長に就任致しましが 、まさかの一念でございます。副会長の皆様方の訪問を受け、役職の申し出が御座いましたが私の多職の折からと、お断りの意を示したところでありますが、役員及び会員の皆様方の協力の元での了承をとの事でお受けすること 致しました。
  受諾した以上は、役職に専念するとともに、防衛 関する知識の向上や関係団体への協力を推進してまいります 。
 最近では、東日本大震災や熊本地震などを契機に、防衛省・自衛隊・日米共同に対する信頼が高まり、自衛隊を容認する意識の高揚がみられているなか、日野市防衛協会の会勢の拡大のため役職員は勿論、一般会員の力も借りて会員増強も図 っ て ま い り ま す 。
  通年の活動は、女性部・青年部とともに例年同様進めてまいりますが来年度は、創立五十周年にあたる節目の年でもあります。会員とともに素晴らしい記念事業を迎える為に、準備を進めてまいります。
 今後とも宜しく申し上げてご挨拶とさせていただきます。
                                       会 長  土方 尚功

               
                       土方尚功新会長

全国会報特集 東京都特集

                                  防衛協会会報128号(26.10.1)掲載
                    日野市防衛協会
 5月の定期総会終了後、6月18日に日野市防衛議員連盟定期総会が開催された。市議会議員定数24名中17名が会員であり、防衛協会の強力な支援者となっている。  
 7月初旬の市広報には自衛官募集の案内を掲載して頂いているのもありがたい限りである。
 今期、会員の増強を図るため新たに理事を選任し、きめ細かい活動を行うつもりである。
 7月は納涼祭に参加(朝霞・練馬・立川(花火)・東立川の各駐屯地)、
 8月は富士総合火力演習の見学(17日・21日)、
 9月は立川防空航空祭に参加(28日)した。
 10月2日には3市(立川市・昭島市・日野市)の防衛協会協賛の防衛講演会が予定されている。  
 その他防衛協会として部隊研修、航空観閲式(百里基地)も計画中である。 日野市防衛協会 会長 杉山 剛

全国会報紹介 八王子市・日野市新年会
     

                                防衛協会会報紹介126号(26.4.1)掲載
                八王子市・日野市新年会
            
                  杉山会長(左)、森上会長

 平成26年2月6日、八王子市(森上秀男会長)・日野市(杉山剛会長)両防衛協会は両市の自衛隊協力六団体と共催し、自衛隊を激励するための新年会を八王子京王プラザホテルで開催した。

全国会報紹介 第46回定期総会

                                      防衛協会会報123号(25.7.1)
          自分の国は自分で守る
 日野市防衛協会(杉山剛会長)は、好天の5月18日、関東三大不動尊である高幡不動尊境内の信徒会館において第46回定期総会を開催した。国歌斉唱に続き殉職自衛官、物故会員に対する黙祷、会長挨拶、平成24年度事業報告、平成24会計報告及び会計監査報告並びに平成25年度事業計画及び会計予算承認などが行われた。
 総会終了後は、渡邊元旦東京都防衛協会理事長の講演が行われ、会員は、自分の国は自分で守ろうとの認識を新たにした。
 その後、懇親会が行われ会員及び招待者が懇親を深めた。
 日野防衛協会は、平成25年度事業計画の基本方針として、国防、治安、災害及び国際情勢等について、「国防の中核をなす自衛隊の重要性を」市民に訴え、理解と協力を得るべく、防衛協会会員相互の強い意思と団結力を持って、目的達成に努める。としている。

            
                 力強く挨拶をする杉山剛会長

全国会報特集 東京都特集「活躍する各防衛協会」

                                  防衛協会会報120号(24.10.1)掲載
                 「日野市防衛協会」
 2月東立川駐屯地から2名の南スーダンへの海外派遣壮行会に参加の機会を得た。現地から衛星通信でリアルタイムに情報が伝わり、派遣隊員の活躍が手に取るように分かり、送り出した部隊も家族も少しは気が休まる思いがした。  
 現地の過酷な環境の中で日本の代表として頑張っている姿に敬意と共に、自衛隊支援の輪をもっと広げなくてはと思う次第である。  
 6月同じく南スーダン二次隊の派遣壮行会に参加、現地の様子が解り一次隊の壮行会より派遣される隊員も送る隊員、我々も若干余裕が出てきた。  
 8月はハイチ派遣国際救援隊へ派遣される1名の壮行会が行われた。健康には留意して頑張って頂きたいと思うこの頃である。  
 3月に新しい航空自衛隊横田基地が誕生、5月に府中基地からの横田移転記念式典に参加した。米空軍基地の中、入門も出門も自由にならず変な感じ。8月の盆踊りでは、広い基地の中場所を探すのに一苦労。一日も早く普通の基地のように入出門ができるようにして頂きたいものである。  
 その他近隣の協会の総会、駐屯地の盆踊り、花火大会、納涼大会、新隊員特技過程一般曹候補生後期入隊式・修了式等に参加等々防衛協会の会長は体力が必要と痛感する次第で、健康に留意して頑張っていく所存である。
                                          会長 杉山 剛

全国会報特集 東京都特集「各防衛協会 活動中」

                                  防衛協会会報116号(23.10.1)掲載
                     日野市防衛協会
 立川駐屯地で7月に晴れて自衛官となられた新隊員及び一般陸曹候補生後期教育入隊式に参列する機会を得た。2月市主催の自衛隊入隊予定者激励会に参列し彼等を激励した、入隊予定者、家族の不安そうな顔が印象的だった。
 4月に教育隊に入隊し3ヶ月の基本訓練を得て自衛官となった彼等の顔には6ヶ月前の激励会で感じた不安そうな顔は一変し、立派な自衛官らしくなっていた。3ヶ月の専門的な教育を受け更に技術の向上を図り一人前の自衛官となったことであろう。9月には修了式に参列し激励したいと思う。  
 4月5月の2回、東日本大震災の被災地宮城県東松島市にボランティアとして参加、成瀬側河口の海岸付近で民家の瓦礫の処理、ヘドロの回収作業等を行った。東名・野蒜地区では瓦礫の処理や行方不明者捜索に尽力する自衛官の姿を垣間見ることができた。  
 テント生活での厳しい環境の中、早朝より作業を行っている姿を見るにつけ自衛隊支援者の一人として感謝すると共に、更に支援の輪を広げたいと思う。          日野市防衛協会会長 杉山剛

全国会報特集 東京都特集「各防衛協会 活動中」

                         防衛協会会報112号(22.10.1)掲載 「日野市防衛協会」

 新撰組土方歳三の故郷の日野市防衛協会(杉山剛)は親会を核に、青年部、女性部で構成され、近隣には立川駐屯地、東立川駐屯地があり新年には東部方面航空隊に対し、高幡不動尊で航空安全の祈願をしたダルマを贈呈しております。  
 災害時の対応部隊として第一施設大隊が担当して頂いております。地域事務所は八王子地本です。  
 八王子、立川、昭島の各防衛協会等と親睦を深め各行事等で協力し、青年部、女性部は日頃から活発に活動しております。尚、当会も高齢化が進んでおりますが、ヘリコプター体験搭乗、花火観賞会、富士火力演習、各駐屯地、米軍基地研修会等を通じ、積極的に参加し次世代を担う会員の研鑽と会員の増強に努めてまいります。
                                          副会長 有竹晴彦