本文へスキップ

東京都防衛協会は、防衛意識の普及高揚を図るとともに、自衛隊を激励支援してその充実発展を助長し、わが国の平和と繁栄に寄与することを目的とした民間の組織です。

TEL. 03-6280-8427

〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

会長挨拶就任挨拶(佃会長・武内理事長)
     /新年挨拶(佃会長・竹本第1師団長・新井東京地本長)

会長・理事長就任挨拶  新年の御挨拶
新年の御挨拶
                       東京都防衛協会会報11号(31.1.1掲載)
東京都防衛協会会長 佃 和夫
各地区協会と連携し、本会の使命達成に邁進!


明けましておめでとうございます。

 会員の皆様には、ご家族ともどもお健やかに新年を迎えられたことと、心よりお慶び申し上げます。
 皆様には、旧年中、真摯かつ積極的に防衛協会の活動にご参加いただき厚く御礼申し上げます。
 昨今、世界の安全保障環境は地域紛争や国際テロなどに加えて、海洋・宇宙・サイバー空間など国境を越える新たな領域における安全保障の課題が顕在化し、依然として不透明・不確実な状況が続いています。
 特にわが国を取り巻く情勢を振り返ると、北朝鮮による核・ミサイル開発などの軍事的な動き、中国による南シナ海や東シナ海における一方的な活動の拡大、ロシアによるソ連崩壊以来最大といわれる昨年9月の大演習「ボストーク2018」が極東地域で実施されるなど、軍事活動が活発化の傾向にあり、一層厳しさを増しています。
 このような中、自衛隊の皆様は、周辺海空域の警戒監視や海外任務はもとより、大規模自然災害等にも即応して対処するため日々訓練に精励されています。
 昨年は、大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号、北海道胆振東部地震等多くの災害発生に対応して、自衛隊の皆様は災害救助等で大いに活躍されました。
 国外では、アジア・太平洋地域の平和と安定のため、米国、オーストラリアをはじめとして関係諸国との防衛協力・交流を強化するとともに、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動等の国際平和協力活動や、他国に対する能力構築支援事業において、自衛隊の活動は国際的にも高く評価されています。
 これら国内外での活動により、国民の自衛隊に対する信頼と期待は一段と高まっており、自衛隊を支援する防衛協会の活動は益々重要性が高まっています。
 今年は新しい防衛計画の大綱及び中期防衛力整備計画が策定され、国民を守るため真に必要な防衛力の構築≠ノ向けての初年度にあたる極めて重要な年になります。
 東京都防衛協会は各地区防衛協会との連携を更に深めるとともに特別会員の皆様のご協力を得て、会勢の拡大及び必要な各種事業を一層推進して、「国民の防衛意識の高揚を図り防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊を支援・協力してその発展に寄与」するという本会の使命達成に邁進してまいりたいと考えますので皆様の御協力をお願い申し上げます。
 終わりに各協会のますますのご発展と、会員各位のご多幸を祈念して新年のご挨拶とさせていただきます。
 
第1師団長 陸将 竹本 竜司
「万事作戦」「感謝信頼」「地域連携」



新年あけましておめでとうございます。

 東京都防衛協会の皆様には、ご家族も含め穏やかで輝かしい新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
 旧年中は、第1師団をはじめ東京都に所在する部隊、隊員に対しまして格別のご厚情とご支援を賜り深く感謝申し上げます。
 昨年、第1師団は、1月に奥多摩町における山林火災消火と佐渡市広域断水に伴う給水支援、7月に西日本豪雨による給水・入浴・防疫支援と三度に亘る災害派遣に対応し、教育訓練においては6月に自衛隊統合防災演習に参加し、首都直下地震想定で海空自衛隊・関係機関・自治体等と連携して対処の実効性向上を図るとともに、8月米国で米陸軍との実動訓練「ライジングサンダー」、11月インドで印陸軍との初実動訓練「ダルマガーディアン」を実施する等、主要な訓練・演習において所望の成果を獲得できました。
 さらに10月には平成最後となる自衛隊観閲式を無事に任務完遂し、部内外へ自衛隊の精強性と威容を発揮でき、国民の皆様への理解と信頼も向上できたものと認識しています。これらの成果は自衛隊のみならず東京都防衛協会の皆様をはじめとする地域の皆様のご支援ご協力の賜物であり改めて深く感謝します。
 さて我が国を取り巻く安全保障環境は、北方・朝鮮半島・南西諸島の戦略3正面は厳しさを増す一方であり、国内においては異常気象による災害が多発する厳しい状況にあります。
 この状況下で我々自衛隊は与えられた任務を完遂できるよう、足腰の強い健全な部隊を目指し、「万事作戦」の気概をもって鍛錬に励み、周囲に対する「感謝信頼」の心を忘れず、「地域連携」で郷土の皆様と密接に協力して、あらゆる事態に即応し任務完遂できる「最も強く、最も頼もしい師団」になるべく日々精進する所存ですので、東京都防衛協会の皆様には変わらぬご支援ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。
自衛隊東京地方協力本部長 陸将補 荒井 正芳
募集目標を達成し、将来の自衛隊造成に貢献!


新年明けましておめでとうございます。

 東京都防衛協会の皆様におかれましては、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。旧年中は東京地本に対しまして格別のご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 現下の我が国を取り巻く厳しい安全保障環境下、国民の皆様の自衛隊への期待は益々高まっているものと認識しています。この期待に応えるための重要な要素として、自衛隊の人的基盤の充実があり、自衛官等募集、就職援護及び予備自衛官等に関する業務等を担う地本の役割は従前にも増して大きくなっています。
 特に少子高学歴化等による自衛官等の募集難は深刻な状況になりつつありますが、全国一の募集対象人口を抱える首都東京の地本としての役割を果たすべく、隊員一同、「募集難という壁を乗り越えて目標を達成し、将来の自衛隊の造成に貢献する」という気概を忘れず、任務達成に向け、精進努力する所存です。引き続き、皆様方のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 結びに東京都防衛協会の益々のご発展と会員の皆様のご健勝をお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

会長・理事長就任挨拶
佃会長就任にあたり
 
佃和夫会長
     会長略歴

平成15年6月 三菱重工業椛纒\取締役社長

平成20年4月 三菱重工業且謦役会長

平成22年5月 航空宇宙工業会会長

平成22年6月 東京都防衛協会会長

平成25年6月 三菱重工業椛樺k役
 私は、本日の総会で前山口会長の後を受け、東京都防衛協会の第6代会長に就任いたしました佃和夫(三菱重工業株式会社 取締役会長)で御座います。  
 東京都防衛協会は、昭和41年の設立で全国防衛協会連合会の有力な構成組織であるとともに、この組織は、今や防衛省に対する民間協力団体としては最大のものとなっていると伺っておりますが、これに至るまでには大変なご苦労がおありだったことと、皆様方の御労苦と御努力に敬意を表する次第であります。  
 戦後60年余に亘り、わが国は平和と繁栄を享受してきましたが、それはわが国が独立を保ち得て平和かつ安全であったからであり、その独立と平和の確保は、「精強な自衛隊の存在」と「日米安全保障体制の堅持」によって果し得たものと考えられます。しかし、その根底には「自分の国は自分で守る」という国民の気概のあることが不可欠であります。  
 その意味で、「防衛意識の涵養・普及・高揚」と「自衛隊の支援・協力」を目的とする防衛協会の役割は極めて重要なものと考えます。   
 国家存立の基本である防衛に関し、この防衛協会の果たす役割の重要性に思いを致し、山口前会長をはじめ防衛協会の皆様方がこれまで築き上げてこられた業績の上に、更にこれを発展させていくべく微力を尽くして参ることをお約束しますとともに、皆様の御協力をお願い申し上げ、就任の挨拶と致します。
武内理事長就任にあたり
                   東京都防衛協会会報第10号(30.10.1)掲載
自衛隊との架け橋として
  
 東京都防衛協会理事長 武内 誠一

 この度、澤山理事長の後を引き継ぐことになりました武内です。微力ながら佃会長を支え精一杯東京都防衛協会のために尽くすつもりです。50年を超える歴史を有する当協会の活動を誇りに思い、先人に恥じないよう活動するつもりです。どうかよろしくお願いいたします。
 当協会の目的は、分かりやすく言えば「市民(都民)と自衛隊との架け橋となる」ことです。そのために、市民の皆さんに「真の自衛隊を理解して頂く」ことと、「できる範囲内で自衛隊を支援する」ことが大切だと思います。富士総合火力演習や自衛隊音楽祭といった大きなイベント研修ばかりではなく、実際に隊員が汗を流している訓練の様子の研修、国際貢献活動や災害派遣での活動の実態の講話聴講なども「真の自衛隊の理解のため」に実施できればと思っています。
 また、隊員募集に苦労する自衛隊のために、一部の地区協会が実施されている立て看板の設置、あるいは自衛官募集業務に関わる資料提供の充実等「できる範囲内で自衛隊を支援する」場をより広げていきたいと思っています。また、任務に励む自衛隊員を激励し、あるいは感謝の思いを伝えることも大切です。これらのことは、地区協会の皆さんのご協力なくしてできることではありません。
 また、特別会員の皆さんのご協力もまた大変重要と考えております。  皆さんと共に当協会の充実に邁進する覚悟です。どうかよろしくお願いいたします。
                             (元陸自富士学校長)