本文へスキップ

東京都防衛協会は、防衛意識の普及高揚を図るとともに、自衛隊を激励支援してその充実発展を助長し、わが国の平和と繁栄に寄与することを目的とした民間の組織です。

TEL. 03-6280-8427

〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(世田谷)世田谷区防衛協会の紹介

沿 革 主要役員 活動紹介

沿 革
区  分 設立時期 名     称 備    考
地区支部 平成24年7月14日 世田谷区防衛協会 当初:昭和44年10月31日設立
新生:平成24年7月14日
女性部会 平成25年1月20日 世田谷区防衛協会女性部会

主要役員
区  分 氏  名 備     考
会  長 横山 健一 東京都防衛協会理事
副 会 長 木村 新平  
有坂 逸子
島田 益吉
石塚 一信
幹 事 長 小畑 敏雄  
事務局長 森  昌彦
女性部会長 有坂 逸子
青年部会長  大澤 英之  

活動紹介
会報3号特集 活動最前線

                                 東京都防衛協会会報9号(30.7.1)掲載

 世田谷区は東京23区の南西部に位置し、平成30年4月現在の人口は90万人を超え、近いうちに百万人を超えると言われております。 世田谷区防衛協会は創立6年の若い協会ですが、目的を明確に協会活動に取り組んでいます。
 東京都防衛協会に協力し「自分の国は自分で守る!」意識の啓蒙、又、自衛隊員が警察官と同じように街中を制服で歩く事が出来る環境作りを進めてまいります。
 活動内容は、30年1月20日に新年賀詞交歓会を自衛隊幹部の皆様、若宮前防衛副大臣、その他、来賓の方々を多数お招きし本年の活動を再確認、名刺交換等を行い親睦を深めました。毎年6月には定期総会を実施し、総会後には講演会、懇親会等を行い更なる親睦を深めております。   
 世田谷区独自の研修は、30年3月22日にバスを貸し切り、海上自衛隊館山航空基地に行って来ました。先方の広報の方、幹部隊員の方、非常に親切に説明をして頂き、参加者全員が満足しておりました。
 当協会の会員数は約120名ですが、現在、各議員の入会募集を行い始め、更なる会員数増大を目指しております。  
                                         事務局長 森 昌彦

       

会報3号特集 活動最前線

                                 東京都防衛協会会報3号(29.1.1)掲載

 弊会平成28年度定期総会は6月17日(金)区内スカイキャロットで開催された。   
 執行部提出全議案承認、任期満了に伴う会長選任は、現会長熊本哲之氏が選出されました。
 引き続いて、東京都防衛協会理事長、澤山正一元陸将の「災害派遣について」の記念講演で、長崎県普賢岳噴火、福岡県沖地震当時、災害派遣司令官として 「自らの身の危険を顧みず村民と県民の生命と安全を守る」という生死を伴う任務に、「全隊員が一歩前へ」その強い信念と使命感に満ちた姿に災害派遣隊編成を決断した心境を語られた。
 会場は暫し静寂、そして感動が沸き上がった。  その後の懇親会には来賓として最高顧問堀江正夫元陸将、世田谷区板垣副区長、千先康二自衛隊中央病院長、松木泰憲陸自衛生学校長、山崎 眞元海将、江口英孝陸自用賀駐屯地司令、植田哲生海自東京音楽隊副長、他、多数参加を頂き大変意義深い会となり、和気藹々のうちに中締めとなった。
                                           幹事長 小畑敏雄

      
全国会報特集 東京都特集

                                  防衛協会会報128号(26.10.1)掲載

 日頃世田谷区防衛協会へのご指導・ご鞭撻戴いております。東京都防衛協会を始め、関係者皆様に感謝御礼申し上げます。
 防衛意識の普及、高揚を図ると共に、自衛隊に協力し、その充実発展に寄与し、青少年の健全な育成に努め、天変地異等大災害時減災、世田谷区民の安全・安心を実現することを目的とし、再発足した弊協会は会員の増強、事業計画の実施等を進めております。
 事業計画の諸行事に参加した会員の自衛隊・自衛官への認識は深まり、自衛官の献身的で活躍に敬意を表しております。
                                   世田谷区防衛協会 会長 熊本哲之
【26年度行事】
 7月3日(木) 役員会・理事決定通知
 7月18日(金) 第1回役員会
 7月下旬 会則・新役員 会員名簿発送
 7月23日(水) 防衛省 視察研修 
 7月24日(木) 三宿地区合同盆踊り
 8月2日(土) 航空自衛隊幹部学校創立60周年、航空自衛隊目黒基地開庁20周年記念式典
 8月24日(日) 富士火力展示演習
 9月26日(金) 東部・東京都防衛協会共催 横須賀基地研修
 10月26日(日) 航空観閲式(予定)
 11月15日(土) 自衛隊音楽祭り

  

平成25年度定期総会

                                  防衛協会会報123号(25.7.1)掲載

 世田谷区防衛協会(熊本哲之会長)は、平成25年6月13日(木)レストランスカイキャロット(世田谷区太子堂)で、「平成25年度定期総会」を開催した。
 世田谷区防衛協会は、創立以来わずか1年であるが、会員数も130名を超え、精力的に活動している協会である。
 総会後は、渡邊元旦東京都防衛協会理事長の記念講演が行われた。

全国会報特集 女性部会特集

                                   防衛協会会報122号(25.4.1)掲載

        花開く女性部会(北から南から
            
                  東京都の新春懇親会に参加して

 昨年度夏、長い冬眠から目覚めた世田谷区防衛協会に、本年1月20日女性部会が発足しました。 有坂部長以下総勢14名、まだまだ小さな部会です。  
 まずは、私達一人一人が我が国のおかれている現状や自衛隊に対する正しい知識や理解を持たなければ!と、昨年度の全国女性部会研修会に参加しました。  
 江上栄子会長のお話に始まる研修会は盛大でとても参考になり、又元将軍の方々の統幕・陸海空の紹介が大変分かり易く勉強になりました。また懇親会では滅多にお会い出来ないような自衛隊の高官の方々も大勢参加しておられ、テレビで見ていたオリンピック選手の皆さんとお話しする機会や、フラダンスの余興などもあり、とても楽しい会でした。  
 目から鱗が取れた思いで、これからは兎に角行ってみよう!見てみよう!聴いてみよう!と、意欲だけは満々で活動しています。ただ今、勉強中!  皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
世田谷区女性部副部長 木ア 祥子

全国会報特集 東京都特集 活躍する各防衛協会

                                  防衛協会会報120号(24.10.1)掲載

              新生世田谷区防衛協会設立
 世田谷区防衛協会(熊本哲之会長)は24年7月14日、三軒茶屋レストラン・スカイキャロットに於いて会員来賓合わせて81名の参加を得て40年のタイムトンネルから脱出しました。
 開会の辞に続き国家斉唱が厳粛に行われ、次いで昭和42~3年頃一度編成されたがめぼしい活動が無いままの状態であった事、昨年末頃再編成の要望を受け今年4月から本格的に新生世田谷区防衛協会設立を目指した事等の経過説明の後、議事審議となった。
 会則決定後、前世田谷区長熊本哲之氏を会長に選出、次いで3監事を選出し議事は終了した。次いで東京地本世田谷募集案内所目良明裕所長、河合岳夫世田谷区長室長の来賓挨拶、記念講演があり、佐藤正久参議院議員のイラクPKOの体験談や大震災の話しに全員感銘を受けました。
 懇親会は熊本会長の挨拶に始まり来賓の元国務大臣越智通雄氏、元参議院議員陸将堀江正夫氏(成城在住)、東京都防衛協会渡辺元旦理事長、澤山正一常任理事両氏による祝辞とつづき、東京都商店街連合会長桑島俊彦氏の乾杯の音頭で始まった。その後も衆・参議員の祝辞並びに来賓諸氏の祝辞があり、和気藹々のうちに閉会となりました。  8月末現在会員数133名です。東京都防衛協会会員の皆様、今後とも宜しくご指導お願いします。
(幹事長 小畑 敏雄)

        
                      再出発の創立総会